無料
エロ
動画

下半身さえあればいい

女の人間としての尊厳を根こそぎ奪い取り悦楽を知るウェブログ。メスはHellに、ボクたち知的生命体の結晶である人間は一緒に低俗な女だらけの楽園にGo to Heaven!!!


↓お勧めタイトル紹介↓

不敵な笑みを浮かべる野生のメスは肉食獣



その伝説の生物は、突如として現われ数々の男を喰らって来たという。どんなにたくましい勇者でもその触手にかかれば一網打尽、精魂尽き果てるまでスタミナ源を搾取されるという・・・

!肉食系女多数生息!勇気のある大人の男性のみお進みください。


Please put your BIG-JOHN insert me !!



↓オススメ優良サイト比較ナビ↓

動画ルポ
(画像で選べる)

見やすい作りで大人気です。優良サイトを選ぶのに迷っている人はここがお勧めです。毎日の生活に活力をもらえます。



↓No.1人気動画サイト(ブッチぎり断トツ)↓



はじめて当ブログに来場した皆様はトップページからご覧下さい。








1990年代の音楽

  • 2010/07/21(水) 13:56:21

実際自分が自力で音楽二興味を持ったのは1980年代だ。

しかし多分今後30年、聴き続けるだろうものは1990年代のものに集中しておる。

もっぱら当時のテクノシーンにおけるメジャーなクラブミュージックが好きらしい。

メジャーなので曲もチョイスも今をリアルに生きるDJやクラブファンからは

笑われてしまうかもしれない。

アンダーワールドの1992ー2002までの仕事をベストにした二枚組みのアルバムを

聴いている。夏である。それだけで理由はたりる。

どんなに時間が経過しても「ボーン・スリッピー」はあの場所でなり続けている。

野外フェスの様相を持つものに憧れ続けている。

ケミカルブラザーズやファットボーイ・スリム、この三つは多少CDを買い集めた。

過去の音楽である。しかし今も浮遊している。

ある意味ポップでそれでいて新しいと思わせるものはこれからどんな風に

生まれてくるのだろうか。

そのときこれらを見てしまった自分は、それらを雛形に当てはめてしまうのだろうか。

なるべくそうはしたくない。





Google
WWW を検索 pomodorian.dtiblog.com を検索

close